M寄りキモデブ童貞でも構わないって女性に筆下ろしされたい

女性は交際中の男性と電話することを楽しみに生きていると思っていましたが、実は違うと今では断言できます。

恋愛関係を維持する術を模索していたとき、電話しすぎたせいで恋人に振られてしまったことがあるからです。

個人的に応援している女性のシンガーソングライターが新曲を発表したときのことです。恋人同士が毎日のように電話するストーリーを歌った楽曲で、好きな人の声を聞かせてあげ続ければ女性は喜んでくれると思い込みました。

数年前に交際していた女性から大切にされたい一心で、夜の11時に彼女と電話することを日課にしました。最初の数日感は彼女も喜んでくれたので手応えを感じていましたが、次第に話のネタが尽きやすくなり電話すればするほど微妙な空気が流れるようになります。

最近は成人しても童貞のままな男性も多く、どういった男性は女性との微妙な空気感を読むのが下手な気がしますね。童貞なんて守ってても何の価値もありませんから、早く童貞を捨ててほしいです。童貞卒業はPCMAXがお薦めですね。

で、ついに我慢の限界に達したのか、毎日電話してこないでほしいと彼女は言いました。しかし、一度決めたことは最後まで貫き通したい私は考えを変えることはありませんでした。その結果、振られてしまったというわけです。

新たに付き合うことになった女性とは、幸いにも良好な関係が続いています。夜に私から電話することを諦めた代わりに、彼女からの連絡は喜んで受けるように心がけたからだと思います。

その一方で、あまりにも連絡してくれない期間が長引いたときには心配なので電話することが多いです。適度な距離感を保っているためか、交際を始めてから喧嘩した記憶が全くありません。

いろいろなタイプの女性がいますから、中には男性から積極的に連絡してほしいと言われる場合もあるはずです。

しかし、少なくとも私の恋愛経験を思い出して考えてみると、男性から一方的に連絡を受け続けて嬉しいと思う女性は少ないような気がします。働く女性が増えている現代社会ですから、恋人の声であろうとも頻繁に聞くとなれば毎日の疲れを癒せなくなりかねません。

一人きりになりたい時間もあると考えているので、私はこれからも電話の頻度に気をつけながら恋愛を楽しみたいです。